ライバルが手を結ぶ日


1866(慶応2)121日に、坂本竜馬の仲介により、長年ライバルだった薩摩の西郷隆盛と
長州の木戸孝允が京都で会見して、倒幕のための手を組み、薩長同盟を結びました。


ということで、今日は『ライバルが手を結ぶ日』らしいです。


 


倒幕という同じ目標のためなら、ライバルや争うもの同士でも、いい人間関係ができるもの。


ライバルとは競い合いながら互いを高め合うことのできる相手


 


 


高め合う→→バンホームのホームページ

一覧へ戻る