上手昔より上手ならず。

”書の極意を学びやがれ”(←某番組風に。)との事で・・・GO!
弊社お客様であり、書の師でもあられる翠峰師匠の
お宅へおじゃましてまいりました。自転車
中学生以来に引っ張り出した、ネーム入りの書道セットを携えて・・・
玉手箱を開けるように書道セット開封。
”おーっ!!” 驚くほど当時のまま変わってない。拍手
(基本、物持ちが良いのです。)
○年ぶりにトウモロコシの髭みたくボサボサになった筆に墨を浸す。。
”ぅーん、墨の香りは侍魂をくすぶるぜ!”(長谷川談)
・・・と勘違いしながらスタッフは一心に筆を下していました。
この模様は、弊社情報誌『優家』冬号に掲載予定。

↑掛軸は、右に映っておられる翠峰師匠の書。
 
皆さんも、お正月は書き染めてみてはいかがでしょうか?鏡もち
意外と夢中になりますよ。かどまつ
上手昔より上手ならず
日本の建築文化を兼ね備えた家づくり >>バンホームHP

一覧へ戻る