HOUSING 家づくりについて

CONSTRUCTION METHOD 取り扱い工法

  • 住む人の健康

  • 家の健康

  • 地球の健康

当社が採用している工法のコンセプト。
「健康」・「性能」・「省エネ」。
それは、将来を見据えて得する家づくり。

標準仕様

通気断熱WB工法

夏涼しく、冬暖かい。
快適な暮らしを実現する秘密は
「着替える家」

通気断熱WB工法は通気と断熱を両立し、夏冬快適な環境を作りだします。壁の中に空気を通して、壁から湿気を排出することにより、室内の有害物質を排出し、クリーンな室内環境にします。夏は自然におこる上昇気流を利用して建物内の無駄な熱を排出し、冬は暖房した空気を逃がさないように開口部を閉じます。また、熱感知式形状記憶合金の開口部で自動開閉する仕組みになっています。

夏の暑い日には、換気口に設置した自動開閉装置が開き、人が衣服を脱いだ状態になります。壁の中の通気層が冷却層の働きをして、部屋の中は外気温に直接暖められず、涼しさを保つという仕組みです。

夏の暑い日には、換気口に設置した自動開閉装置が開き、人が衣服を脱いだ状態になります。壁の中の通気層が冷却層の働きをして、部屋の中は外気温に直接暖められず、涼しさを保つという仕組みです。

冬の寒い日には、換気口が自動的に閉まり、人が重ね着をした状態と同様にします。壁の中の通気層が保温層になり、部屋は冷たい外気の影響を直接受けず、暖かさを保ちます。

通気断熱WB工法の特徴
・透湿壁による家の自然な呼吸
・常に通気層を通して湿気、臭い、化学物質を排出
・季節に対応して暑さ、寒さを自然にコントロール
・冷暖房費の節約

通気断熱WB工法の特徴
・透湿壁による家の自然な呼吸
・常に通気層を通して湿気、臭い、化学物質を排出
・季節に対応して暑さ、寒さを自然にコントロール
・冷暖房費の節約

デコスドライ工法(セルロースファイバー)

省エネ基準適合断熱材の性能を
最大限に引き出す

セルロースファイバーとは、新聞紙をリサイクルして作る天然の木質繊維の事。様々な太さの繊維が絡み合い、空気の層をつくるだけでなく、1本1本の繊維の中にも自然の空気胞が存在しています。この空気の存在が断熱、防音性を高め、さらに木質繊維特有の吸放湿性で適度な湿度を保ちます。また、乾式吹き込み工法により、手の届かない隅部への充填が可能で、断熱材の素材性能を最大限に引き出します。

適度な湿度をもたらして結露を防ぎ、カビを防止します。それによって、大切な建物の寿命を延ばすことにもつながります。

適度な湿度をもたらして結露を防ぎ、カビを防止します。それによって、大切な建物の寿命を延ばすことにもつながります。