HOME

page_title_img_blog

STAFF BLOG

清盛。

2012年01月31日

先週のhonma blogを見たら、
やっぱこれかな・・・と。
大河ドラマ 『平清盛』 
(一部批判で時折話題になってますね。)
私も録画して時間のある時に見ています。
こういった時代劇モノを見ると歴史を紐解きたくなりませんか?
ドラマの最後に紹介される当時の場所や書物など、、
が、より一層好奇心を掻き立てられます
そんな時代の流れがあり今がある。
まさか指先で色んな情報が得られ、
いろんな人と会わずして繋がりをもてる時代になろうとは・・・。
そう考えると私たちも今、
激動の時代の中に投じられているのではないでしょうか。。
いろいろ考えさせられますね。
指先で >>バンホームHP

2012年01月28日


今年に入って、4つの神社にお参りに行き、3か所でおみくじをひきました。


1回目は[大吉]、2回目も[大吉]、3回目は[平]


12回目共おみくじは「願えばいづれ良くなる。」と言うような内容でした。


3回目の[平]って、どういうこと   たひら


内容は「強い意志を持つべき。時節を待って行うのが望ましい。」
総合的に「ゆっくり進め」ってことでしょうか

 


止まない雨はない。止まない雪はない。



時にはユックリ >>バンホームのホームページ


大雪なう。

2012年01月27日


訳あって現場監督をさせていただいている某現場。
(普段は一応、設計業務です…)
場所は十日町。
雪のふるさとだけあって、この時期の積雪は容赦ないです。。。

は今朝の写真。
朝晩除雪をしているのですが、落雪側はこの高さ。
2階部分に到達しています。
ちなみに…
建物と雪の間があいているのは先週まで足場があったから。
週間予報をみても雪マークがずら~り。
まだまだ除雪作業は続きそうです。
皆さまも体調を崩さぬよう、ご自愛しながら作業にあたりましょうね。
バンホームのHP >>> こちら

大雪に注意です!!

2012年01月26日

 
この前も「降りましたね~」なんて書いたばかり。

今週も大雪でまいっちゃいます。お客様の訪問においても車も駐車できずで、
これまたまいっちゃいます。途中、Uターンでスタックしちゃいまして・・・

 私のは前輪駆動なんですが、最近の車って、タイヤが空回りすると制御がかかって、
パワーが出なくなるんですよね~!だから昔のようにギヤを前↔後に入れ替えしながら
車を揺さぶって脱出する事が出来ないんですよ。(わかってもらえます~?)
 
 で、人目を気にしながらタイヤ回りをスコップで掘って、
下回り(通称:腹回り)も かき出し、ようやく脱出したって感じでした!
良く言う「カメ」になった程ではないので、その時は余計にイラついちゃってました!
 
でも、走行しているときは本当に安全な機能なんで、・・・ん~ 仕方ないですよね。
事故を未然に防ぐことが一番ですから~!  皆様も道中気をつけて下さいませ。





そうそう、この前、ガラス工場で「お皿」作ってきまして、その物が届きました!
一応刺身皿なんですが、体験料金のわりにはこんなもんか?って感じです。



本当は、こんなものを作りたかったのですが、時間もなく・・・。





他の人もがんばってました!














外は大雪!
家の中では、>>バンホームのHPをご覧ください。



三条市 SUWADA 。

2012年01月24日

 
とあるお客様より頂きました写真の品 
言わずと知れた金物の町発、諏訪田製作所のネイルニッパー
コレ切れ味最高なんです
一般的な爪切りだと切った後にゴシゴシ磨くと思うのですが・・・
これはそんなことする必要 nothing!
専用の革ケースにしまうとさらに漂う高級感
ん~素敵です
”爪切り本来の「切る」機能を研ぎ澄ますために、
素材と熟練した職人の手仕上げに徹底的にこだわりました。”
(HPより抜粋)
とおっしゃる通り、まさしく ”ホンモノ”。
私たちも職人の手によって築き上げられてゆく住まいをご提供しているわけですので
色んな意味で”ホンモノ”にこだわった家づくりをしていかなければいけません。
当社ではご希望により、木工事中のお家もご覧になれますので
見学希望の方は、お気軽にバンホームまでお問い合わせくださいませ。
完成してからでは見えなくなってしまう構造の部分がご覧いただけます
”ホンモノ”にこだわる家づくり >> バンホームHP
 

ライバルが手を結ぶ日

2012年01月21日


1866(慶応2)121日に、坂本竜馬の仲介により、長年ライバルだった薩摩の西郷隆盛と
長州の木戸孝允が京都で会見して、倒幕のための手を組み、薩長同盟を結びました。


ということで、今日は『ライバルが手を結ぶ日』らしいです。


 


倒幕という同じ目標のためなら、ライバルや争うもの同士でも、いい人間関係ができるもの。


ライバルとは競い合いながら互いを高め合うことのできる相手


 


 


高め合う→→バンホームのホームページ


緊張の一瞬。

2012年01月20日

 
実は今、訳あって某現場の現場監督をやっております。
(普段は一応、設計業務です…)
工事の状況といいますと…
内部は、木工時の真っ最中。
外部は、工事が終わり足場解体!

現場監督歴は過去に8年ほどあるのですが、足場解体は
基礎コンクリート打設建て方に匹敵するほど緊張します。
外壁検査のダメなおしの忘れがないか…
気付かなかった汚れ、キズはないか…
取りつけ漏れの設備がないか …etc
等々、解体前に何度もチェックしているのですが、とても心配です。
そして必ず撮るのが、足場最上階からの写真
おそらくもう二度とこの場所から景色を眺めることはないでしょうね。
今回のお宅は3階建てなので軽く10mは超えています。
揺れてメッチャ怖いですが、
いつまでも眺めていたいほど綺麗な夕日が名残惜しいひと時でした。
バンホームのHP >>> こちら

お家の点検。

2012年01月19日

 1年前に建てて頂いた、お客様の「お家点検」をして来ました!

このお宅は通気断熱WB工法で建てられたお家で、私どもも力を入れている工法ですので
とても気になるところでした。

点検の結果は・・・
建具の調整もほとんどなく、新築時と変わらずキレイな状態を保たれていました。

日中は蓄熱暖房機のファンも稼働せずでいられるとの事、確かに暖かかったです。
 「今日は寒いな~」と思った時は、石油ファンヒーターを使用するそうですが、
通気断熱WB工法は臭いも壁から抜けてくれてるのでほとんど気にならないと
言われてました。
 それこそ乾燥の度合いが強い時は洗濯物をリビングに干しているそうで、
それでも結露は少ないとの事でした。
  
  ほかには・・・?との質問に
       「特に気になる点はこれといってありませんね!」とのことで
  きっと、まめにお手入れされてるのだと思います。大切なマイホームですもんね。

WB工法の機能は、夏も涼く過ごせる事も人気の一つですが、臭いのこもらない
石油ストーブの空間づくりにも役立つことは、セールスポイントにプラスになると
実感してきた点検でした。


クレームのない家造りは私たちの理想とするところ!
なが~いお付き合いとなるお家ですので、より良い環境で生活して頂きたいものです。
点検はその為のものでもあります。
   
    長時間にわたり、お施主様ご協力ありがとうございましたm(__)m
            また、お伺い致します!




理想の住まい造りは バンホームで。 >>HPはこちら


おもちゃと人形 自動車博物館。

2012年01月17日

先日、群馬県へ出掛けてきました
途中立ち寄った”おもちゃと人形 自動車博物館”。
子供目線からしたらそうとうテンションUPなネーミングです。
そんなテーマパーク(?)に会社のオジサン6人で行ってみることに・・・
子供向けなのかな? と正直期待していなかったオジサン達も
中に入ってみると・・・
昭和の雰囲気満点のレトロ空間に
『ぅわ~懐かしぃい~~~』の連呼。
中でも車のコーナーが大興奮でした。

『あーこれ!俺乗ってたんだよなぁー。(懐)』
『これこれ、これカッコ良くて欲しかったんだ~』
などなど
懐かしさにかなりテンションがUPしてました。
そんな中、やはり一番はコレですね ↓↓↓

言わずと知れた往年の名車。
わずか337台しか生産されなかったというTOYOTA 2000GT
今見てもやっぱりカッコイイです。
(私はまだ生まれてない年代ですが。汗)
愛好家でもなんでもない私が思わず興奮してしまうほどの存在感。
やっぱり質が違います。
そういえば最近、東京オートサロンでEVで復活しましたよね
昔の良いところを生かし、現代の進化した部分をプラス。
建築もそうであるべきなのではないかと思いました。
日本の伝統建築の良いところを継承し、現代に進化した造り
弊社の推奨するWB工法もそんな工法だと思います。(おススメ)
実際にWB工法の家で住まわれている方のお宅を訪問してご体感されたり
直接お施主様に気になることを質問いただくことも可能です
(※日時は、お施主様のご都合により要相談となります。)
ご希望される方は、バンホームまでお気軽にお問い合わせください
きっと”良さ”が解るはずです。
それから・・・
群馬の おもちゃと人形 自動車博物館 おススメですよ。
ぜひ一度行ってみてください 懐かすぃー!ってなると思います
伝統と進化のココチいい家づくり >> バンホームHP

12