HOME

page_title_img_blog

STAFF BLOG

start!

2016年11月15日

昨日は、長岡市内にて地鎮祭を執り行いました。

晴天に恵まれとても良いスタートが切れました!

nagaoka_nhouse

こちらのお家はOPENHOUSEを予定してますので、また詳しい日が決まり次第告知します。

中二階・二階LDKから花火が眺められる素敵なお家。

完成が楽しみです。

再開。

2016年08月16日

夏季休業を明け、本日8/16より業務再開。

プラン、お見積りのご依頼を順次進めてまいります。

 

最良のご提案ができるようひとつひとつ練っておりますので

少々お待たせする場合もございますが、何卒よろしくお願い致しますm(_ _)m

進行中!

2015年08月25日

各現場が着々と現在進行中。。。

それぞれ個性があります。

IMG_3979

決まった規格プランをただ土地に当てはめるのではなく、

その土地の環境やそれぞれご希望のライフスタイルにマッチしたご提案をしております。

 

時期によっては混み合ってお待たせする場合もございますので、お早めのご相談をお勧め致します。

まずは資金計画、建築スケジュールの把握からお気軽にご相談くださいませ。

お客様とTOYOキッチンへ

2015年07月30日

3Dシンクが人気のTOYOキッチン。当社モデルで採用後、長く使えるとして最近お客様の目も変わってきました。

キッチン以外にも照明器具、モザイクタイル、ソファー、素材がガラスのみのテーブルなど様々なものがセンス良くセッティングされています。

黒の壁天井が基調なショールームは入った瞬間、普段描いていたイメージが一新。現実離れのような高級感ですが、いいものはいいですよね。

マイホームのお考え中の方、一度訪れてみては・・・。

スタッフが親切丁寧にお出迎えしてくれますよ!

 

IMG_6861

IMG_6862IMG_6859

木工セット。

2015年07月14日

弊社のイベントの時いつも人気となるブース、木工教室。

かなり定番化してきたので木工セットを収納する箱を作りました。

木製キャスター付きで移動も楽々。

FullSizeRender

 

何かの収納にも使えそう。

ご希望であればお作りいたします。

サイズ・価格応談。

ということで。。。

 

 

無垢の床。

2015年06月23日

傷、凹み、反り、隙間…など気になさらないようであれば 断然無垢の床がおススメ。

無垢の床はやっぱり質感や足触りがいいですね。

 

↓沙鉢山の長屋 床・天井:杉

gallery_s-nagaya_06

 

 

子供やお年寄りの負担を考えると比較的軟らかめの杉やパインなどが◎ (軟らかいので傷は付きやすいですが。)

 

 

 

↓3D-communication Living 床:オーク

gallery_3dcomliv_04

 

カバやオークの節のあるものは比較的手ごろなお値段で質感もUP!

 

 

 

↓喜多町モデルハウス『ガレージのある家』 床:チーク

M1C71371

 

 

ウォールナットやチークは硬くて色合いが濃いめ。価格も高価。   このように貼る床の材種によって雰囲気が全然違います。

 

 

BANhomeにはいろんな樹種のサンプルがございますのでお気軽ご相談ください。

温度と湿度。

2015年06月16日

最近蒸し暑い日が多くなってきましたね。

IMG_3735

上の画像はつい先日のWB工法の家の室内。

現在エアコンがありません。

 

この日、14:33の時点では30度近くあります。

しかし注目してもらいたいのが湿度が低いこと。

湿度が低いと温度は高くても不快な蒸し暑さが少ない。

風の抜ける設計をすれば極力エアコンをつけずに自然の風で過ごせます。

さすがに30度ともなると少しエアコンをつけたい気もしますが

扇風機で我慢しようと思えばできないでもないレベル。

一番気温の上がる時間帯のみエアコンをONにすればかなり省エネですよね。

そして健康にも◎

 

最初の投資する額(イニシャルコスト)で比較するのもいいですが、

住んでからの出費(ランニングコスト)も考えた上での計画のほうが賢い選択かと思います。

 

お問い合わせいただければ、その辺の詳しいところご説明いたしますのでお気軽にどうぞ。

 

 

樹脂窓。

2015年06月02日

昨日は窓の会社YKK APのフォーラムに行ってきました。

IMG_3579

 

YKKの一押し商品APW430。

オール樹脂+トリプルガラスの窓です。

住宅の断熱性能を計算する上で窓の性能はとても重要。

なので今後はオール樹脂の窓の需要もだんだんと増えてくるのではないかと思います。

トリプルガラスともなると金額面ではやはり安くはないですが、ランニングコストで回収できれば・・・

といったところでしょうか。

全てではなくとも有効的な箇所での採用でもよろしいかと思います。

そのためにはやはりきちんとした窓の配置・設計をしなくてはなりません。

遮るところは遮る、取り込むところは取り込む。

 

高性能窓を採用ししたからといって計算上は性能値を満たすかもしれませんが、それでいいとは言えないような気がします。

やはり設計ありきですね。

それによってランニングコストも変わってきますから。

明るくしたいからといってむやみに大きい窓をたくさん付けても・・・?

光や風などを季節的にも考慮し、効果的な窓の配置を設計することが重要だと思います。

 

ぜひBANhomeまでご相談くださいませ。(笑)

 

会場ではオール樹脂サッシ・トリプルサッシを採用した事例として数社紹介されていました。

その中でBANhomeもAPW330・430の採用物件を紹介していただきました。

 

IMG_3576IMG_3577

 

ちなみに、

弊社の喜多町のモデルハウス「ガレージのある家」はYKK APW330 樹脂窓を採用しています。お気軽にご見学にいらしてください。

現地でご説明もさせていただきます。

天井吊下げTV金具。

2015年02月17日

天井吊下げ式のTV用金具をオーダー製作しました。

 

IMG_2939

 

 

 

 

 

 

 

 

高さ調整、首振り等はできませんが、既製品にはない質感がgoodです。

座った時の高さと立った時の高さの両方を考慮したベストバランスで寸法を取り決め。

極力金具を目立たせないようシンプルな形に。

艶消しブラックの焼き付け塗装で仕上げました。

 

インテリアもそれぞれのスタイルにフィットしたご提案を致します。

 

暮らし、デザイン >> BANhome HP